夜型から朝型へ~

「夜型」タイプとは毎晩遅くまで起きていて、夜になると活動的になる方です。「朝型」にしようと努力しましたけど無理だと言う人がたくさんあります。長年、体に染みついた夜型生活は、そう簡単に治せるものではありません。今から、少しずつ変わりしょう。自分が簡単にできることから始めます。

生活習慣を変えるには、「習慣化」させることがとても重要です。やっていることに気がつかないほど、日常生活に染み込んでいくようにしなければなりません。

まずは、変えようと思っていることの中から、自分にとって「当然できること」を見つけます。そして、そのために「やること」と「やめること」を決めるのです。

例えば、休日とも平日とも同じ時間に起きることを決めます。

「やること」は、週末早く寝る、目覚ましを増やす。
「やめること」は、週末の残業を減らす、飲み会に参加しない。

長年の習慣を早く変わることが無理ですから、自分ができること、あるいは小さいことから変わるなら、成功の可能性も高くなるかもしれません。

または、夕食の食べ方で「生体リズム」を変えられます。夜型の不規則に生活を変えるには、「生体リズム」を整えることも大切です。そこで、食事で生体リズムを整える方法を紹介しましょう。

生体リズムを整えるには、「いつ」「どのぐらい食べるか」がポイントとなります。

夜型の人は朝食は摂っても、昼間は仕事などで忙しくて食事ができなくても、夕方ようやく軽くお菓子などをつまみながら残業するというパターンがあります。このような場合、朝から夕方までの絶食期間が長くなるので、夜型の生活になりやすくなると言われます。

ポイントは朝起きてから、ストレッチをするところです。そうすることで「この時間から活動開始だよ」と体に教えてあげることができます。具体的に起きる時間を体が把握するようになると、自然と夜の寝る時間も早くなっていきます。あなたが意識して眠ろうとしなくても、体が朝のストレッチのために早く眠ろうとするのです。そして、ストレッチが習慣化すると自然と目覚めも快適になるため、布団の中でうとうとしている時間が減るので早起きになります。

夜型から朝型へ起きてからストレッチをするようにしましょう。